フィギュアレビュー:わんだらー モモ・ベリア・デビルーク

モモ・ベリア・デビルークフィギュアのキャストオフ

どうよこの親の顔より見たモモ肉。
メリ! ハリ! に富んだ形…そしてそのバランスのなんと美しいことよ。

そして一応だけど、乳首にはモザイク処理をさせてもらったんだ。
だってメーカー的には完全に非推奨だし、少なからず破壊することになるからね。
実際、いざ剥く時にちょっと心が痛んだんだ…。

という事で、あとは実際に買って君のその目で確かめてくれ!
参考資料はいっぱい置いておくからさ!

すっご。
なんかこう、モザイクが掛かってるからこそえっちに見えるよね。
きっとそこには、”想像”という過程を挟むことができるからなんだ。

モザイクの向こうには何があるんだろう、どんな形なんだろう、どんな色なんだろう。
紙面では毎週のように見ていたけど、立体になるってどういうことなんだろう。
童心に帰って、モヤモヤして、どんどん想像しちゃっていいんだよ。

あと余談だけど、Wikipediaによると、

ジャンプSQ.編集部によるとダークネス単行本1巻から16巻までで登場した乳首の総数は1601個で、左乳首は797個、右乳首は804個であった。キャラ別では1位はモモの249個、2位はララの200個、3位はメアの141個で、リトは8個であった。“

引用元:Wikipedia

…らしいよ。
リトの登場乳首の数まで数えてあるなんて素直にすごい…。

パンツにほどよく乗ったお肉。
そして世にも整ったオヘソの形。
やっぱり脱がしてよかった!

えっ…パンツのデザイン可愛い…。
黒のラインがアクセントになって、子供っぽくない、少し大人なセクシーさを醸し出しているんだ。
ちょこんと付いている白いリボンがまた可愛い。
後ろに回ってみても、「こんな布面積じゃ俺は止められないぜ」と言わんばかりの尻圧が僕らを襲うんだね。

服を着ていても楽しめるけど、その下の造形に拘っているのも流石なんだ。
(たぶん)もう服を着せることはできないけど、これはこれで大満足だ!


あとがき

いやー、まさか約二ヶ月ぶりのスケールフィギュアレビューがR18+になるとは思いもよらなかったよね。
最近はプライズフィギュアばっかり買ってるけど、やっぱり見たい! 撮りたい!という欲望にはかなわなかったんだ。
まぁ私にもそういう時期があるってことなんだよね。

年内のイベントももう目ぼしいものがなさそうだし、今年のうちにあと何体レビューできるか見ものだよ。
それではまた近々会いましょう。

公式サイト「To LOVEる.com」
メーカー:わんだらー (Twitter:@wanderer1127)
原型:宮川武 (Twitter:@tm____)

コメント

Translate »
年齢確認 当サイトでは主にアダルトコンテンツを扱っておりますので、18歳未満の方の観覧はご遠慮下さい。 あなたは18歳以上ですか?