展示撮影:Q-six 桐ヶ谷直葉 紺スク / 白スクver.

さて、本日はあみあみさんとボークスさんに展示されていたQ-sixさんの「桐ヶ谷直葉 紺スクver. と白スクver.」の展示レビューとしゃれこむよ。
ちなみにこの私、ソードアート・オンラインシリーズでは初志貫徹徹頭徹尾一貫して直葉推しなので、思わず撮影にも熱が入ってしまったよね。
そして何より、紺スク・白スクの嬉しい二色展開。

王道の紺色か…はたまた鉄板の白色か…。
当の写真でも見ながらじっくり考えてみようじゃあないか。

以上が紺スクver.
剣道を嗜んでいるだけあって、シンプルな立ち姿ながら隙が無い…!
各部から溢れ、はみ出し、零れ落ちそうになるほどの肉感がたまらないよね。
普段これが剣道着の下に抑え込まれていると思うと、クラスメイトは気が気じゃないでしょうに。

こちらは白スクver.
紺スクver.との違いは特になく、スク水の色のみ変わっているようだね。

そして先程は紹介していなかったけど、足の指もしっかり造形されているのがすごいよ。
意外とこういうところにエロスを感じてしまうよね。
だって裸足って「裸の足」って書くんだぜ…。

メーカーQ-six
商品名桐ヶ谷直葉 紺スクver.
桐ヶ谷直葉 白スクver.
原作名/作品名ソードアート・オンライン
価格12,980 (税込)
発売日2021年10月予定
スケール1/7スケール (全高:約230mm)
原型ノルグレコ (Q-six)
彩色K2 (GILLGILL)

まだまだご予約受付中なので、気になったら詳細をチェックしちゃってよ。
紺か白か迷ったときは、両方という欲張りな手があることもお忘れなく。

コメント

Translate »
年齢確認 当サイトでは主にアダルトコンテンツを扱っておりますので、18歳未満の方の観覧はご遠慮下さい。 あなたは18歳以上ですか?